横浜市・桜木町駅から徒歩1分。創業融資のことなら行政書士くまがい総合事務所にお任せください!

045-550-3764 お問い合わせはコチラ!! 無料相談のご予約:24時間365日受付中!!

据置期間(すえおききかん)とは?

PAK85_deskshiryou20131223_TP_V

据置期間とは、元金の返済が猶予される期間のことをいいます。

据置期間のあいだは利息の返済のみをすればよく、月々の支払いが減るため、資金繰りが安定する効果があります。

ただし、据置期間を設定すると、元金の返済回数が減ることになりますので、1回あたりの元金返済額は多くなるので注意しましょう。

たとえば、5年返済の契約で借りた場合は、元金の返済回数は60回ですが、据置期間を6カ月間設定すると、元金の返済回数は54回になります。そうすると、元金の返済回数が6回分減り、1回あたりの元金返済額が増えるという仕組みです。

なお、金融機関の窓口によっては、据置期間が利用できることを言ってくれないことがありますので、据置期間を利用したい場合は、自ら申し出るようにしましょう。

据置期間は資金繰りが厳しい創業期において非常に役に立つ制度なので、積極的に利用するとよいでしょう。

 

トップへ戻る
メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ